一生に一度の記念すべき日、それが結婚式です。

思い出に残る豪勢な挙式にしたいと思う新郎新婦は多いことでしょう。しかし、挙式・披露宴・二次会など、結婚式にはやはり高額な費用がかかります。平均的に300万~350万円かかるといわれていますが、もっと安く済ませる方法はたくさんあります。

まず、挙式スタイルを選びます。教会式や神前式、人前式など挙式スタイルはさまざまあります。金額も異なり、一番リーズナブルにできるのは人前式です。人前式は、費用が安いだけでなく、オリジナリティあふれる挙式ができると年々人気が上がっています。

たとえば、レストランを貸し切って、人前式から披露宴パーティーまでおこなうという挙式スタイルは、ブライダル専門の式場でおこなうよりも安く済ませることができます。式場や挙式スタイルが決まったら、ドレス選びや招待状の手配、披露宴の演出などの準備に入りますが、ここでも節約する方法がたくさんあります。招待状やメニュー表、座席表など、式場に頼むよりも手作りした方が費用を抑えることができます。

また、披露宴の演出として流す生い立ちムービーやオープニング・エンディングムービーなども、自分で作ることができます。そういった挙式に使うムービーを専門に作ってくれる業者もいますので、頼んでみるのも良いかもしれません。映像製作が得意な友人や親族がいる場合は、その方に頼んで作ってもらいましょう。式場に頼むよりも費用をかなり抑えられます。

結婚式のウエディングドレスも、レンタル専門店で借りる方がお得です。ただ、式場によっては持ち込み料がかかる場合があります。レンタルしたドレスを持ち込んだ場合の方が金額が高くなってしまうのならば、式場でドレスを選ぶ方が良いでしょう。節約しても、演出次第で豪華な結婚式になります。手作りできるものは手作りし、上手に節約しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *