結婚式をする時にまず決めなくてはいけないのが、どこでどんなスタイルの式を挙げるかということです。

主役は進路新婦の内、特に新婦ですから白無垢がいいかやウエディングドレスがいいかなどたいていの場合は花嫁主導で進んでいくことになります。結婚式の内、昔から定番の人気があるのは教会式でしょう。教会での挙式は、女性なら小さなころから漠然とした憧れがあるという人も多いでしょうし、娘を持つ父親や母親にとっても憧れのシチュエーションでもあります。

最近では、ブーケやヘッドドレス、リストレットやブートニアを自作して手作りの要素を加えることも人気です。以前は教会式に押されがちではあったものの、日本人らしい歴史と伝統のある結婚式をしたいという価値観が高まっていることで人気が再燃しているのが、神前式です。

指輪交換はこちらでもありますが、格調高い雅楽が演奏される中、祝詞や三々九度が行われるので、西洋化した生活になれていると日本文化に触れることでかえって新鮮な趣があります。

人前式は、結婚式に参加した人にこの結婚の証人になってもらうという新しいスタイルです。新郎新婦の親世代にはまだなかったスタイルですが、場所もドレスコードも誓いの言葉も、挙式会場などすべて自分たちで決定できますから、自由度はもっとも高く、親世代に受け入れてもらうようにメリットをきちんと説明すれば新郎新婦の親からも喜んでもらえるのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *