神社や結婚式場の内部神殿で式を挙げるのが神前式と呼ばれていますが、仏前結婚式です。

神前式と同じく和風の結婚式ですが、お寺と神社ではまったく信仰の内容が異なっています。お寺での挙式も基本的には神前式と同じく親族中心に行う小規模なものです。身内だけで小さなプライベートウエディングにしたい人に最適です。仏教には色々な宗派がありますが、挙式に関してはどんな宗派や宗教でも関係なく行うことができます。

そして、神前式と大きな違いがあるのが、服装も自由であり、ウエディングドレスやタキシードを着てお寺で挙式が可能な点です。東西の文化が混在して不思議な感じがありますが、そこが逆に新しいと言えます。

ブーケを持っていてもいいのですが、ブーケトスは式のプログラムには含まれてはいないお寺が多めです。仏前式は新郎新婦や仏に対して結婚を報告するという概念のもとに行われているということが大きな特徴です。結婚の祝福をしてくれるのはその寺院で、紅白の念珠を新婚夫婦に贈り、その後に三々九度を行います。

指輪の交換もちゃんとありますから、結婚指輪の交換がないと寂しいと感じる人も安心してください。寺院によっては、雅楽師など手配してもらうことも可能となっています。若いカップルだけではなく、事情があってどうしても挙式をすることができなかった老年カップルが改めて思い出になるような結婚式をするのにも落ち着いた仏前式は相性がいいと思われます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *